Skip to content

おせち料理の意味を正しく知っておこう!

正月が近づいてくると、おせち料理を作ることが習慣になっている人は多いでしょう。

しかし、毎年作っている人であっても、料理としての本来の意味を把握していないケースが見受けられます。単純に縁起が良いというような位置づけではありません。どうせ作るのであれば、意味を正しく理解しておきましょう。前向きに準備をしたり食べるときに説明したりできるメリットがあります。

実は、おせち料理は節句に食べるものを指していました。節句とはその名の通り、一年において節目や区切りとなる日です。日本にはいろいろな節句がありますが、そのなかで最も大きいのはやはり正月と考えられています。そのため、正月用の料理を意味するようになりました。

このような由来のあるおせち料理ですが、他にもいろいろな意味が込められています。たとえば、皿などに分ける前に、いったん重箱に詰めておくのは、作る人の想いが反映されたスタイルです。おめでたいことが重なって起これば良いという願いが表現されています。

また重箱を使うのは、ほこりを避けるための工夫であるという説もあります。家族の数などにもよりますが、おせち料理を1日で食べきることは珍しいです。長いときは3日間の食事になるケースもあるでしょう。

そのため蓋があるほうが、ほこりが入りにくくて保管するのに向いています。昔は保管する技術やグッズが現代ほど優れてはいませんでした。したがって、自然と蓋がされるように重箱にしたとも言われています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です