Skip to content

おせち料理は正月に相応しいものを

おせち料理と言えば古くから日本の正月料理としてよく知られているものです。

古くは奈良時代、朝廷内で行われていた祝い事や節目の行事に出される料理であったそうですが、それが一般の人々にも広がり、正月に出される料理だけを指すようになったようです。そして明治の頃には、現在よく見られるおせち料理のように重箱に入れて出すようになったそうです。

正月におせち料理を食べる風習が一般に広まった理由はいくつもあり、定説はないようですが、例えば1年中、家庭などでみんなのために料理をしている女性に休んでもらうためとか、かまどにいる様々な神々に正月ぐらいは休んでもらうためとか、新年の縁起担ぎのためなど、その他にもあります。

正月三が日の間でも食べられるようにするために日持ちする料理が盛り込まれます。

ところで、近年は親元を離れて地方から都会へ出てくる人も多くなったり、近くにいても一緒に住まないことも多く、そこで地方に根付いていたおせちの伝統も途切れるといった現象も起こっているようで、簡単な料理で正月料理としたり、あるいはデパートや有名料理店が作る正月料理を注文して届けてもらうといった動きも多くなってきました。

正月と言えば新たな年を迎える特別な日ですし、特別な料理を食べるという意識だけは残っているものの、親から作り方を受け継いでなければ、そうならざるを得ないのだと思います。

ですが、デパートなどで販売されているおせち料理はとても魅力的に作られており、晴れやかな正月気分にピッタリですし、特別な日に相応しい内容になっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です