Skip to content

年とともに色々と多様化するおせち料理

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いの料理のことを言います。

「おせち」の意味は本来、暦上の節句のことを指していますが、その時に食べる料理をおせちと呼んだため現在では一般的に正月料理を表すようになりました。料理が重箱に詰めて出される理由には「めでたさを重ねる」という意味があり縁起をかついで重箱で出されます。

今までのおせち料理といえば、それぞれの伝統の料理に意味を持たせた和風の料理が定番でしたが、しかし最近は和風だけでなく洋風の料理や中華風の料理も増えてきています。これは家族の人数や年齢層などの多様化が影響しているものでしょう。

料理の内容も年配の人から小さなお子様まで、誰でも食べられるものに少しずつ変化してきています。調理の種類も増えましたが、年齢層と人数に合わせた物も増えてきました。大皿に盛られたオードフル風になっている物は、大人数でワイワイと賑やかに食べる場合に適しています。

いつもの定番料理だけはでなく、どなたでも食べやすい料理が揃っているので満足感が高くなり食べる楽しみも広がっています。逆に年配のご夫婦などの場合には、本当に美味しいものを少しずつ色々と食べたいという声にお応えしたものも登場するようになりました。

伝統の料理だけではなく種類も豊富に増えた最近のおせち料理ですが、新年を家族や友人とお祝いするという気持ちは今も昔も変わりはありません。新しい料理も加わりさらに味わいが豊かになった美味しい料理で、心も豊かに素敵な新年をお迎えしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です